2017年11月22日水曜日

ジャングル畑開拓事業開始!

8月29日夜に沖縄到着し、その日から沖縄の新居で寝起きを始めた。
最初の1週間くらいは自宅庭の草むしりに精を出す。
9月の3-4-5日は旧盆で、その翌日までなんとなく連休モード。

その後、親族のひとりが亡くなったので、葬儀の準備やらで、そわそわして、まともに仕事が手に付かなかった。

そして、やっと9月15日から沖縄の畑 ・・・ 9年間放置してあった荒れ果ててジャングルのようになった畑に足を踏み入れる。

バナナのような葉が道路上まで伸びて、通行の邪魔になっている ・・・ このバナナは芭蕉布の原料になる糸が取れる糸芭蕉なので、実が付いても食べられるものではない。

内部に足を踏み入れると ・・・

太く育った雑木の幹、どんどん勢力を広げている糸芭蕉の株、ススキ、サトウキビのような無用な植物が繁茂している!

偽キビの後方に、ミカンの木があるが実は付いていない ・・・ 5月に見に来た時は花が咲いていたので、ひょっとして実を付けるかな?

と、かすかに期待していたのだけど、残念でした。

翌16日、ミカンの木のまわりから手を付けて、陽当たりを良くしてやった。

道路沿いの糸芭蕉も伐採してスッキリさせて、駐車スペースも作らなければ ・・・

9月18日、ジャングルの中では蚊が多いのに悩まされていたが、ホームセンターで見つけた「蚊帳付き帽子」 ・・・ これはなかなかいい!

蒸れないし、視界もそれほど遮らないので重宝した。

とりあえず駐車スペースを確保する。

まぁ、それにしても沖縄の9月はメッチャクチャ暑かった ・・・ 記録的猛暑、連続真夏日更新だとかで、日中の最高気温も34℃、時に35℃ ・・・ そんな中で畑仕事なんかできるかってくらいだけど、毎日1時間半から2時間くらい労働する(笑)

建築業をやっている友人の話だと、現場では熱中症で体調不良になり、休む人が多くて人手不足だと嘆いていた。

僕も9年間の寒冷なベルギー生活で鈍った体なので、短時間ずつ外に出て「暑さに慣れる」事から始めなければならなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿